岡山インプラントサロン( 岡山市北区 )

歯がある場合の治療法

歯の無い箇所を治療する時、他に歯がある場合は 「 インプラント、ブリッジ、部分入れ歯 」 などの治療法が選択肢になります。
どの治療法にも長所・短所があるので、専門医に自身の希望を伝え、説明を受けてから治療を検討しましょう!

各治療法を比較する時は、下記の表も参考にしてください。
※ 表の掲載記号は 「 ◎ 利点がある、○ 普通、△ 欠点がある 」 になります。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 △~○
診療形態 自費治療 自費
または
保険
自費
または
保険
耐久性
健康な歯への
ダメージ
治療期間 長め 短め 短め
治療の
痛み
違和感
口腔の
衛生

各治療法の長所・短所情報

※ 下記の項目を押すと、内容が表示されます。

インプラントの長所・短所

インプラントのメリット・デメリット

インプラントは、長年の研究と高度な技術によって開発された 「 人工歯根 ( インプラント ) 」 を、顎骨に植える治療法です。

長所

歯に近い構造なので、自分の歯と同じような感覚で噛めます。

審美的にとても綺麗で、インプラントにしている事がほとんど分かりません。

独立した歯なので、残っている他の歯に過度な負担をかけません。

上に入れる歯は、入れ歯ではなく固定式の歯にできることが、ほとんどです。

適切に処置された場合、大きなトラブルも無く、長持ちする結果が報告されています。

ブリッジや入れ歯に比べ、長持ちすることが多く、残った歯を守る役割もします。

短所

保険がきかないので費用がかかります。

インプラントを埋め込む手術が必要になります。

お口の状態などによって、インプラント手術できない方もいます。

手術前に全身や骨の状態など、詳細な検査が必要になります。

今まで以上に、お口のアフターケアが必要になります。

治療期間が比較的 長くかかります。

ブリッジの長所・短所

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジは、失った歯の前後に歯が残っており、歯の状態が悪くない時に行える固定式の治療法です。
治療は、失った歯の前後にある歯の一部を削り、3本以上つながった橋げたのような 「 義歯 ( 人工の歯 ) 」 をのせて、セメントでくっつけます。

長所

自分の歯と同じように噛むことができます。

お口の違和感は比較的すくないです。

種類によっては保険が効きます。

短所

最大の欠点は、失った歯の前後にある歯を大きく削る必要があります。 当然、削るほど歯は弱くなります。

前後の歯の負担が高まるため、健康だった歯が傷みやすくなります。

失った歯の前後に歯がないと治療できません。

保険治療内のブリッジは、全体が銀色で審美性に劣ります。

部分入れ歯の長所・短所

部分入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は、取り外し可能な人工義歯です。 治療は、歯を失った部分を型取りし、完成した人工の歯を取り付けるだけなので、簡単に行えます。
※ お口の状態によっては例外もあります。

種類には、歯茎の上に乗せる 「 総入れ歯 」、周りの歯にパネをかけて支える 「 部分入れ歯 」 があります。

長所

歯を大きく削る必要がありません。 ※ 例外もあります。

取り外しが可能です。

種類によっては保険が効きます。

短所

歯茎の上に大きな台が付きますので、異物感を感じる方が多くいます。

どれほど精巧な入れ歯でも 「 噛む力は、歯があった時の50%位しか回復できない 」 と言われています。

「 話しにくい、気もち悪い、よく噛めない 」 この様な悩みが消えず、どうしてもなじめない方がいます。

歯茎にすり傷などの痛みがでることもあります。

保険内の部分入れ歯はバネ式なので、審美性に劣ります。

パネをかける歯に負担がかかります。

多くの女性は、入れ歯になった時に大きな抵抗感を感じてしまうようです。

ページ移動

医院概要

岡山インプラントサロン初診予約
上段に戻る
フリーダイヤルでインプラント治療相談